給与の前払いシステムの仕組みとメリットについて

従業員にとって給与の前払いは非常に助かるもので、ニーズも高いのですが企業としては面倒な部分もあります。

仮に前払いを従業員が申請してきたら、会社の経理は1人1人の勤怠の確認をして実際に払える金額を割り出すのは大変です。簡単に行うためには前払いシステムを活用するか外部委託の2種類がありますが、より簡単なのはシステム提供型です。システム提供型は、企業が給与のための準備金というものを用意する必要はありません。簡単にいうと外部のサービス代行会社が、従業員から申請された前払い分を代行して払ってあげる方法です。

従業員もスマートフォンからでも申請できるので、会社でわざわざ手続きをする必要がなく気軽なのは大きなメリットです。前払いシステムを提供している会社の利益は、申請した従業員から手数料を徴収します。割合は3パーセントから6パーセント程度で、さらに企業側はシステム利用料を全く取られない事がほとんどなので導入することが容易という大きなメリットがあります。

給与前払いシステムの会社は立て替えて払った金を後から企業に請求するのですが、企業は賃金規定や労使協定を変更する必要はありません。これなら簡単に導入する事が出来ます。しかも前払いシステム提供会社も競争が激しいので、各社がいろいろなサービス展開をはじめています。即日支払いへの対応もその1つです。サービスを導入する前にはどのような特徴があるか、各社をよく比較する事が大事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *