増加が予想される給与前払いシステム

昨今、働いた分の報酬を給料日前に受取ることが可能な前払いシステム」を導入する企業や事業所が増えています。

この制度は従業員の要請によって給料日前の任意の日に給与を受取ることができるもので、急に現金が入用になったときに便利ですから従業員には好評を得ているシステムです。前払いシステムは既に働いた分について有効で、スマートフォンやPCなどで要請すると、街中にあるATMから引き出し受取ることができます。事前にこのサービスを行う企業と提携していることが必要ですが、サービスを行なう企業は会社に代わって立替払いし、要請のあった分は次回の給料から手数料を含めて差し引かれることになります。

前払いシステムを導入するにあたって経理担当者の負担はかからないことが多く、初期費用や月額固定費も無料か負担の少ない方法が多いので、導入する企業が増えています。また従業員への利便性が高いため、従業員募集の際にも魅力ある制度として求人数アップにも効果があり、さらに従業員の定着率の向上にも寄与、そのため近年では福利厚生の一環として導入するケースも増えています。

給与は働いたらその日に給与が受取れることが従業員にとって理想で、労働モチベーションは向上する傾向があります。従ってこの前払いシステムを導入することは従業員の労働意欲を上げることにつながり、導入する企業働く従業員双方にメリットのある制度と言っていいでしょう。今後もこのサービスを提供する企業は増加していくものと予想されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *