ニーズが高まる給与前払いシステムとは

会社や各種事業団体などで働いた場合、その給与は決まった期日に締められ計算、月給として支払われるのが一般的です。

そのため給料日が設定され、その日を楽しみに働いている人も多いと想像されます。これが週単位で締められ、週給として支払われたら決まった曜日が楽しみになるでしょう。さらに進めて日払いにしたらどうなるかというと、毎日高い勤労モチベーションが維持できるようになるかもしれません。これを証明するように会社が人を募集すると、月払いより週払いや日払いのほうが求人数が上がる傾向があります。就労し、給料日までは無給ですからその間、急な出費があった場合に困るという労働者の心理が働くと考えられます。

これは長年働いている労働者についても起こることがあり、冠婚葬祭が連続し出費がかさんだ、海外旅行でまとまったお金が必要といったケースです。このようなことが起きても困らないように蓄えておいても、それを上回るお金が必要なときがあり、やむなく金融機関で借りるということもあるでしょう。近年、給与前払いシステムを提供する会社があり好評を得ています。前払いに相当するのは既に働いて給与をもらえる権利がある部分についてで、給料日を待たずにその報酬を受取ることができるシステムです。

締め日があり、計算して給料日に受取るものを、その日が来る前に受取ることができますから、急な出費があるとき、労働者にとって大変助かるものになります。当然金利などは付きませんので金融機関で借りるより経済的に有利で、前払いシステムを提供する会社と提携する企業は近年増えてきています。前払いシステムを提供する会社は、前払いを依頼した労働者から手数料を取りますが安価なことが多く、導入した企業も利便性の高さから福利厚生の一環としていることも多いようです。労働者にとってモチベーションが高くなるシステムですから、就業定着率にも寄与しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *