給与日払いシステムの選び方

給与日払いのニーズが高まっており、企業側もこの事態を無視できない状況にあります。

日払いシステムの導入は労働者に安心感をもたらし、仕事への意欲を低下させないなど労働者側にも企業側にもメリットのある取り組みです。つまり、双方がwin-winになれる可能性を秘めているシステムと言えます。問題になるのはどの給与日払いシステムを導入するかです。この点、労働者が便利に使えるシステムであることは絶対不可欠な条件となります。特に重視すべきなのは、申請があったその日に給与の振り込みができるシステムであることです。

急な出費は予測することができないものであり、今すぐにでもお金が必要だからこそ労働者は日払いを申請します。そのニーズに応えられない日払いシステムは、はっきり言うと意味がありません。申請から数日後に入金されるようなシステムであれば、従業員は騙された気分になるでしょう。さらに、見やすく使いやすいシステムであることも重要なポイントです。スマートフォン向けのアプリがあると、労働者はいつでもどこでも利用可能となり便利です。

企業側が日払いシステムのメリットを実感するためには、まずは労働者が満足できるシステムでなければならないことを忘れてはなりません。その他の条件としては、企業側が管理しやすいシステムであること、費用がいかほどになるかです。理想的なのは勤怠管理や給与計算のシステムと連携できることです。これによって、日払いシステムの導入によって経理部門の事務作業負担が大きく増えることを防止できます。費用については初期費用がいくらになるのか、労働者の手数料負担はいくらなのかをしっかり把握しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *