給与の日払いシステムの導入方法

外国人労働者の早期囲い込みをしたいけど、日本の銀行の口座を持っていないので、給与の支払い手続きができないという問題を持っている企業が多いのではないでしょうか。

そんな問題を解決してくれるのは、カード・ウォレットチャージ型の給与日払いシステムです。カード・ウォレットチャージ型とは、給料相当額の支払いを現金や銀行口座で行うのではなく、プリペイドカードや、携帯ウォレットにチャージして支払う方法です。給与の日払いシステム以外にも勤怠管理システムや経費精算随時払いシステムなどさまざまなサービスがあります。

クラウド型の勤怠管理システムになっているので、店舗ごとの設定も可能です。経費精算随時払いシステムを活用すれば、従業員が立て替えることなく、経費の支払いを随時行うことができます。出張交際費や会食用の費用などの従業員の負担を軽減させることができます。この給与日払いシステムの導入方法は、まずシステムについての説明を受けます。

説明を受けてこのシステムに納得したら勤怠管理などの状況を説明します。その後、本契約書を締結し導入を契約し導入作業が開始されます。導入作業で行うことは、企業情報登録や管理画面の設定、従業員データの登録などです。その後企業管理者側のシミュレーションを行い正式運用となります。このように給与の日払いシステムを行うには一定の導入手続きが必要です。これらの手続きを行ってから運用を開始することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *