増えている給与の日払いシステム

給与の日払いシステムとは、給料計算の単位が1日ごととなっている方式のことを指します。

会社員で一般的な月給制では、給料計算の単位は1か月ごとです。月給制は言い換えれば月払いシステムということになるでしょう。月給制が一般的なのは、給料計算にかかる会社側の事務処理労力と、生活を考えた場合の働く側にとっての賃金受け取りサイクルとでバランスが取れていると考えられたからでしょう。

給料計算の単位が1年ごと、つまり年払いシステムで給料日は一年に1回というのでは生活設計がしにくいでしょうし、逆に給料計算の単位が1日ごとでは会社側が大変だというわけです。このように、給与の日払いシステムというのは例外的なケースを別にすれば、少なくともあまり一般的ではありませんでした。ところが最近になって給与の日払いシステムを導入する会社が増えてきています。

大きな理由は人材確保のためです。とくにアルバイトなどが主戦力となっている会社の人材難は深刻で、ニュースでもよく報道されていますし実際に接したことのある人も多いでしょうが外国人労働者に頼ったりもしているくらいです。同じ給料をもらえるのであれば1か月後にもらえるよりも1日後にもらえたほうが嬉しいと考えるのは当然でしょう。このため、ライバル会社に差をつける意味でも日払いシステムを導入する会社が増えているわけです。他には、ITシステムの発達により、比較的簡単に導入できるようになってきたことも理由の一つです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *