給与の日払いシステムを導入するには

給与の日払いシステムは主に短期のアルバイトなどで取り入れられている給与支払いの仕組みで、1日単位で給料を払うというシステムのことです。

多くの会社員は月給制、つまりひと月単位で給料を払ってもらっているでしょうが、短期のアルバイトの場合、仕事をしてから給料をもらうまで1か月も待てないと感じることが多いでしょう。会社としては正社員とアルバイトとで給料の支払いシステムに差を設けることは事務処理上の負担になるでしょうし、誰であっても同じお金を払うのであれば今すぐよりも後からの方が嬉しいと感じるのは会社も同じですから、できることなら日払いシステムは導入したくないと考えているところが多いはずです。

それでも給与の日払いシステムを導入するのには訳があるはずで、アルバイトの求人をしっかりと確保するためという理由が大きいということです。長期のアルバイトであれば経験や人間関係などが物を言う側面もありますから単に給料がどのように支払われるかということが仕事を選ぶ大きな理由にはなりにくいでしょうが、短期の場合は基本的に経験も不要で誰にでもできるような仕事も多く、時給そのものと並んでそれをいつ支払ってもらえるのかというのは大きな理由になり得るからです。

特に最近ではアルバイトを募集してもなかなか人数を揃えられないと嘆いている会社も多いのではないでしょうか。そういう場合には日払いシステムの導入にメリットがあるかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *