給与の日払いシステムを導入するメリットとは

給与と言えば1ヶ月に1回支払われる労働の対価というイメージが強いものです。

日払いで受け取ることができるのは日雇い労働者だけという先入観があるかもしれません。しかし、近年では給与の日払いシステムを導入する企業が増えている事実があります。正確には月額給与の一部を前払いするシステムです。この日払いシステムを導入するメリットは、使用者側にも労働者側にもあると言われています。イメージしやすいのは労働者側のメリットです。

日払いシステムが導入されれば、申請手続きだけで給料日前であってもお金を受け取ることが可能になります。生活していると、何かと急な出費が伴う出来事が生じるものです。この時消費者金融を頼る必要がなくなるのが、労働者にとって非常に有難いシステムとなります。いざという時に頼りになると評判なのがこの日払いシステムの最大の利点です。一方、使用者側のメリットは求人応募者が増えること、労働者が定着しやすくなることなどが挙げられます。

このシステムを導入することは福利厚生を充実させることにもつながるので、労働者から非常に喜ばれます。日払い対応と求人情報誌や求人Webサイトに記載することで、応募者は確実に増えます。特にパートタイマーは正社員に比べると消費者金融やローンの利用が困難なケースが多いので、大きなアピールポイントになります。日払いだと従業員のモチベーションが維持されるので、離職率も低下します。人材不足で悩む企業にとってたいへん有効な策です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *