福利厚生として導入する企業も多い給与前払いシステム

毎日、ちゃんと生活していても、急な家族の入院や冠婚葬祭といった出来事は誰にでも起こりうる可能性があります。

給料日までまだ日にちがあって手元にお金がない場合には、貯金を崩すか、誰かに貸してもらうか金融機関などでキャッシングをして、その場を乗り切っていくしかありません。会社に給与の前払いを頼みたいけど立場もあるし、お金にだらしがないと思われたくないと、考える人もいます。企業側も前払いとなると本人の勤怠状況を確認し、給与のうち、いくらまでなら貸せるのかといった一人ひとり異なってしまう数字を算出する手間がかかります。

そんな企業や従業員のニーズがあり、給与前払いシステムを提供する企業が年々増えてきています。導入するには運用に初期費用がかかる所と、今までの勤怠管理のシステムを活かして連携し、運用する費用はほとんどかからないといったものもあり、様々な特徴があります。企業側は担当者が勤怠状況を入力し送信するだけで、細かい給与計算や振り込みの手続きはシステムが行ってくれるという形のところもあります。

前払いシステムがあれば、従業員は働いた分の全額を事前に受け取れるという訳ではなく、あらかじめ企業側が上限金額を設定する事ができます。前払いする回数を設定することもできる所もあり、あくまでも福利厚生の一貫として、従業員の急な出費のためのサポートとして節度をもって利用してもらうことができるように運用することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *