人材確保に困ったら給与前払いがおすすめです

アルバイトや正社員でも募集をしても応募が無いという会社もあるのではないでしょうか。

常に人材不足に陥ってしまう会社や、入社しても早期離職者が多いという会社であれば、給与の支払い方法に選択肢を持たせる方法が効果的になる可能性は十分にあります。月給制を採用している会社が普通ですが、前払いシステムを導入する方法もあり、この支払を求めている従業員にとって労使共にメリットを感じることになります。

また、初めから給与の前払いをOKとして募集をすることにより、これまで応募者数が少なかった会社でも、人材確保を上手く行えることも想定できます。社内で給与前払いをきちんと計算できる場合は問題がありませんが、従業員数が多い会社の場合は簡単に計算できない可能性も否定できません。その理由は従業員の申請によって働いた分から希望する日数分を支払うという方法が基本にあるので、残高など人によって異なる計算方法は非常に複雑化してしまいます。

現在では便利なサービスが充実していて、このような給与前払いに対応したアプリやソフトを提供している会社を利用できます。ソフトにより違いはあり、有料で使えるシステムと無料で使えるシステムがあり、お金の支払い方法も異なります。お金の支払いにはいくかの手段が選べることも多く、普通に銀行振り込みにすること以外でもチャージ型のカードに入金する方法、電子決済で支払う方法などが代表的な内容です。システムによっては労務管理も兼ねて使えるものまであるので、自社にとって便利機能が盛り込まれたシステムを選ぶことが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *