給与の前払いの仕組み

近年は給与の前払いを福利厚生サービスに含めている会社も増えてきていますが、どのような仕組みであり、なぜ対応しているのか知っておくと良いでしょう。

まず、これを福利厚生サービスに含めていない会社では利用できないのかというと、条件を満たしている場合には支払われます。法律によって病気や出産、災害などで必要な費用に使う場合、働いた分に関しては申請に従って払わなければならないと規定されています。適切な理由がなければ断っても構いませんが、条件を満たしているときに応じないのは違法です。

なお、これはあくまでも給与の前払いであり会社からの借金とは違います。そのため、まだ働いていない分までは申請はできません。給与の前払いに応じる会社が増えている理由になっているのが、近年の人手不足です。

日払いなどを希望する若年層が多く、求人情報の検索項目にも設定されているほど無視できない要因になっているので、採用活動に直結する非常に重要なものです。多くの会社の中から選ばれるには条件を良くしなければならないため、昔と比べて対応するところが増えています。給与の前払いは、通常は一括で処理していた経理の手続きが煩雑化する問題点がありますが、需要の増加によって代行するサービスも出てきているので、これを活用すれば本業に専念できます。複数のサービスが存在しており、その中から最適なものを選ぶことになりますが、会社側と従業員側の双方にメリットが大きいものにすると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *