給与における前払いとは

労働の対価として支払われる給与は、毎月決まった日に受け取るのが普通で、その日は企業によって異なります。

日払いは当日に支払われますが、多くの企業では1ヶ月に1回支払う方法を選択しています。一方、前払いは月払いや週払いなど、支払いまでに一定の期間がある場合に使える仕組みです。文字通り給与を早く支払ってもらうのが前払いで、既に働いていて受け取る予定の報酬が対象です。

法律上、労働者は会社から前借りはできませんが、給与の前払いであれば利用することが可能です。給与が前払いしてもらえると、例えば急な出費で生活費に困った時に、消費者金融などでお金を借りずに済みます。

また、欲しいものを早く手に入れたい場合なども、この制度があれば希望を叶えることができます。近年は、労働者の利便性を高めて離職率を減らす目的で、積極的に導入する企業が増えています。当然ながら、先に受け取った分だけ後で受け取れる分は減るので、計画的に利用することが必要です。給与の前払いは、会社との合意の上で利用できる仕組みですから、上司に希望を伝えて話し合うことになります。お金の使い方に計画性がない、あるいは我慢できないと思われるのは心配ですが、目的が明確なら大丈夫です。むしろ、賢く使う必然性がありますから、お金の使い方を良く考えて制度を利用する結果に至ります。社会的には、早く受け取る抵抗感が薄れたり、簡単な手順で利用できるサービスが登場していたりするので、今後はもっと利便性が増すと思われます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *