給与前払いのメリット

給与を前払いすることはもちろん労力も伴うものの、いくつものメリットがあります。

何よりも労働者に喜ばれることでしょう。誰でも、同じ金額をもらうのであれば後からよりも先にもらったほうが嬉しいに決まっています。給与の前払いシステムを導入することで、この会社は労働者のことを考えている良い会社だということになれば、不満を持って辞める人も少なくなるでしょうし、求人募集時においても他社との差別化を図ることができます。

今は間違いなく売り手市場の労働環境ですから、働く人のことを考えた環境を整備することで、優秀な人材を早く集め、しかもその定着を図ることも可能になるわけです。また、裏返しの話かもしれませんがデメリットを回避できるという側面もあります。給与の前払いを導入していない場合に、所定の給料日前にどうしてもお金が足りなくなってしまった人はどのような行動を起こすかちょっと考えてみてください。

もちろん我慢して何とかやりくりする人も多いでしょうが、例えば他の即日払いの仕事を掛け持ちしようと考える人もいるかもしれません。このような副業や兼業は仕事への集中という意味で決して会社にとってありがたい話ではないでしょう。あるいはカードローンなどで借金をする人もいるかもしれません。これは会社にとっては無関係のこととも言い切れないでしょう。働く人が借金トラブルを抱える可能性もあるわけで、そんなトラブルを抱えて良い仕事ができるとは思えないでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *