今企業に必要なのは離職防止策

一度就職した職場で生涯働き続けるという時代はすでに遠い過去となっており、就職をしたとしても些細なことをきっかけにして辞めてしまう離職者の数はどの企業においても増加し、離職防止策を取り入れることが求められています。

社員を繋ぎ止めておくことをリテンションと呼び、どうしたら離職防止が出来るのかを企業が一丸となり取り組むべき時代にあります。しかし、なぜ離職防止策を取り入れなくてはならないのか、それは有能な人材が育たないというだけではなく、時間をかけて指導をした社員が辞めることによる損失というのは大変大きく、ようやく一人で仕事を任せることが出来るというような時に辞めてしまうような人が多いということで、指導している社員においても負担がのし掛かります。

更に、離職する者がいることによって周りがその雰囲気に流されてしまい、一人が辞めることにより次々と辞めていく傾向が見られるからです。多くの企業がこれを思う受け止め、リテンションを取り入れ離職を回避しようと試みており、その取り組みのなかにはコミュニケーションをしっかりと取ることや、優遇や評価の見直しが頻繁に行われるようになりました。

コミュニケーションなどは当たり前のようですが、近年では上司と部下という関係性などではなく対等に接することで新人社員でも圧迫を感じない職場作りを目指していると言えます。残業などについては国をあげて見直しもされており、誰もが働きやすい環境に企業が取り組むことが離職防止に繋がっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *