ビジネス用語「離職防止」

離職防止とは主に企業の人事部において行われている、離職率低下を目的として行われている施策を示すビジネス用語です。

少子高齢化が進む日本では、グローバル化による雇用の流動化の影響もあいまって、十分な人材を確保するのが難しくなっています。特に資金力や知名度に劣る中小企業では、新規求人をかけても人が集まらない傾向にあり、人員が確保できずに事業継続が困難となり廃業する、いわゆる人手不足倒産も珍しくありません。こうした環境においては新しく人を雇うのと同じくらい、現在働いている人間が退職するのを防ぐ離職防止策が重要です。

離職防止において最も効果的な方法は給与の上昇や、休日数の増加となった雇用待遇の改善ですが、これらは実行するだけの余裕がない企業が多いのが現状です。そのため多くの企業では比較的低コストで行える施策を中心に、離職者を防ぐ試みが行われています。具体的には上司と部下同士のコミュニケーションの機会を増やす、退職希望者に対して聞き取り調査を行い、改善策を提示すると共に引き止めるといったものが例としてあげられます。改善策としてよく行われるのが別の部署への移動です。

企業を退職する人の多くは、職場内の人間関係が退職を希望する原因となっているため、環境を変えることで問題が解決されることは多々あります。またこうした取り組みは離職希望者だけでなく、従業員全体の職場環境の改善に繋がるため、新規求人においてもよい影響が期待できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *