企業にとって離職防止は大きな経営課題となっています

近年では色々な業界で人材不足が顕在化し、いかに人材を確保できるかが中小企業等にとっては大きな経営課題となっています。

一方で大企業においても、せっかく確保した人材が大卒で3年以内に30%が離職して転職すると言われており、いかに人材の定着率を高めるかが課題となっているのです。特に費用を掛けて採用し、一生懸命戦力化に向けて教育投資を行っているのに、一人前として仕事を行ってくれるまでに、転職されれば、企業にとっては大きな損失で、何としても離職防止を図ることが重要となっています。若い人の離職理由には、色々なものがありますが、その主な理由としては給与に対する不満や労働時間等の待遇面と、能力・資格等を活かせないや会社の将来に希望が持てない等が上位を占めています。

給与等の処遇面は経営状況により、簡単に一律に上げる事はできませんが、年功序列制をさらに薄め、能力に見合った賃金体系とする等により、優秀な人材は引き止める事が出来るでしょう。また会社の将来に希望が持てないと言う理由の中には、経営トップの考え方が見えない事が要因となっている事もあり、トップが会社の将来に対する想いをしっかり伝える努力はすべきでしょう。

離職防止が企業にとって、大きな経営課題である事をまずトップ自ら認識する事が大切で、少しでも可能な離職防止策を講じる事が急務と言えます。最近では、離職防止のコンサルを行う会社や、不満の見える化を行うソフト等も多数出ており、こうした手段も活用し、自社にとって最適な離職防止に向けた制度を構築する事が重要な時代になったと言えるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *