離職防止につなげる会社のあり方

近年ひとつの会社で定年まで働きたいと考える若者が減ってきています。

転職はステップアップという働き方が主流になってきているということも理由の一つに挙げられますが、前向きな理由での退職よりも残念な理由による退職が目立っているのも事実です。特に学生を終えてから3年以内に退職する傾向は強く、後ろ向きな理由での離職防止に企業は対策を打たなければいけない時期にあります。

主な退職理由は企業の組織に合わない場合と、人間関係に問題がある場合の2つに分けられます。企業の組織に合わないというのは、残業代がきちんと支払われなかったり労働時間が長すぎるなど、ワークライフバランスがとりにくい場合に感じることです。入社後に不満を抱える原因としてまず、求人内容と実情が違うことです。離職防止につなげるには求人情報及び説明会や面接においてありのままの企業情報を話す必要があります。

人間関係に問題が生じる原因として挙げられるのは、上司との折り合いが合わない場合です。特に直属の上司と折り合いがあわないと仕事を続けていくことは難しく苦痛に感じます。上司は新入社員に対して監視しすぎず個人の能力を活かす余裕を持たせるために、適切な距離を取ることが大切です。

ひとりの人間として尊重することが大前提となります。以上が離職防止への大きなポイントですが、もちろんステップアップのための離職もあります。その場合は気持ち良く送り出してあげることも大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *