離職防止で人手不足を回避しましょう

人手不足が叫ばれていますが、それは労働の担い手が減ったというだけが原因ではありません。

労働環境にも原因があります。企業側がいくら環境整備は十分行ったと思っていても、労働者側がその会社にとどまっても良いと思える環境でなければ意味がないのは同然です。離職防止対策は、きちんととれているでしょうか。労働者が離れたいと思うような職場には、労働時間が長いことや人間関係の構築がうまくいっていないなどの特徴があります。こういった職場の離職率は高く、早急に離職防止対策をしなければなりません。

労働時間については政府により縮減の方向へ舵が切られていますから、あとは上手く規制が効力を発揮してくれれば、多くの企業は改善の方向に向かわざるを得なくなる状況です。しかし、人間関係の構築については企業側の尽力が必要になります。上司との関係性や同僚間の関係性、仕事内容や社風への不満は、いくら政府でも対応しきれないからです。この問題に対応するには、内情を正確に把握することが必要となります。

企業が積極的に社員のカウンセリングやコミュニケーションをとれるようなイベントの企画、上下関係の過剰な緊張状態を緩和するような対策をとることで、離職防止に繋がっていくでしょう。会社に入ってくる人員を増やすだけではなく、留めておくことができるような対策をしなければ、人手不足の解消はかないません。離職防止の意識をもって、しっかりと対策を立ててください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *