給与の日払いと源泉徴収

給与を日払いにて支払われた場合でも、所得税などを源泉徴収されている場合があります。

労働者からすると複数箇所から受け取ることが多いために、この所得税を納めすぎている可能性が生じます。そのため、もし複数箇所あるいは1箇所だけであっても給与を日払いで受け取っている場合には、源泉徴収票を必ず受け取ることが肝心です。複数箇所の場合は、各事業所からそれぞれ発行してもらうことになります。

複数の事業所から受け取っている場合は、確定申告を行う際に給与を合計してさらに支払い済みの所得税なども記載していきます。日払いであっても税金を払っている場合もあれば、反対に支払っていないところもあり得ますので、総合して合算し、整理を行う作業がこの確定申告になります。もし所得税などを支払いすぎている場合は申告により戻してもらえますし、反対に足りていない場合は追加で納付を行います。

本来のところ以外で受け取っている場合特に副業の際には、給与の日払いであっても必ず確定申告を行うことが必要です。所得税以外でも住民税で申告が必要となるため、副業の収入が20万円を超えていない場合でも、住民税の申告を行う必要がある点に注意を要します。経費がその収入を上回っている場合には、申告をしないで済みますが、給与を日払いの場合にはすでに納付済みのケースがありますので、整理が必要です。税金の申告が必要かどうか確認の上で、正しく行うことが求められます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *