日払い給与を上手に導入するコツ

給与支払い方法を日払いにすると従業員から喜ばれることが多いです。

支払金額は変わらなくても、毎日現金をもらえることで自分の懐が豊かになるからです。しかし、雇用主としては、毎日のように振込をすることは現実的ではなく、給与を日払いにする時は現金支払になります。ただ、毎日現金を引き出して事務所などに準備することは大変です。そのため、この方法は現金取引が多い小売店などに適している支払方法と言えます。

現金取引が多ければ、売上の現金から支払資金を捻出することができますから、ある意味合理的と言えるのではないでしょうか。ただし、給与支払いを日払い制にすると計算が面倒というデメリットがあります。ただ、この点はタイムカードを採用し、タイムカードのデータをすぐに計算システムに接続することで計算などの時間を最低限にすることができます。待っている時間が短いので従業員も大喜びでしょう。

海外ではプリペイドカードのような方法で、日払いの給与支払いができるようになっており、従業員には好評です。日本ではこのような便利なシステムが導入されていないので、昔ながらの現金支払が現実的な方法となりがちです。給与支払を日払いにするコツとしては、ここまで述べたように売上を現金決済にすると資金的な問題がクリアになります。また、タイムカードを導入し、支払額の計算をスピーディーにできるようにすることも一つのコツでしょう。手間がかかるように見えますが、従業員から喜ばれることで定着率が上がるメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *