給与前払いサービスで、福利厚生をアピール

給与前払いサービスは給料日が到来する前に従業員が申請すれば、申請時点までの給与支払いを代行してくれるサービスです。

従来ならば経理担当者の負担が大きいために、前払いではなく前借りにならざるを得ませんでした。用語は似ていますが、この2つは違います。どこが異なるかといえば、前払いはあくまで申請時までの勤務に応じた給与を支払う制度ですが、前借りは会社に支払い義務がない時期に支払うものです。たとえば月末締めの翌月10日支払いの会社の場合、20日に従業員が支払いを求めても応じないのが通常です。

しかし20日間の勤務実態があれば給与支払い義務は発生しています。この請求に応じられるよう経理の煩雑さを軽減してくれるのが給与支払いサービスと考えて良いでしょう。サービス内容はいろいろありますが、システムを提供会社ではパソコンや携帯端末から申請が可能で、前払い申請ごとに数パーセント利用料を支払う仕組みだったり、プリペイドやチャージ式クレジットカードを利用するサービスもあります。

各種勤怠管理システムと連携ができるので、常時働いた分の申請が可能です。このシステムを利用すれば、従業員は急にお金が必要になったときクレジットなどに頼らずに済むので便利ですし、会社にとっては経理の手間が少なく従業員のニーズに適宜応えられるので良好な関係を築けます。前払いサービスの利用により、実際に福利厚生でのアピールに成功し、求人への応募が増えたり、離職率が減少したなどの効果が見られます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *