福利厚生の一つとして導入、給与前払いサービス

最近では福利厚生のひとつとして、給与前払いサービスを導入する企業も増えてきており、様々なサービスの種類があります。

給与前払いシステムは勤怠状況などと連携しているものも多く、従業員が給料日に貰える金額の何割かを先払いで受けとることができるサービスです。企業が導入を検討する背景には、人材の確保が大きな課題としてあげられています。社員だけでなくアルバイトやパート等の職業で求められる条件には日払いをあげる人も多く、国内大手のアルバイト求人メディアの調査では、支払い方法を日払いにするだけで3.7倍も応募者が増えたというデータもあげられており、モチベーションは離職率の低下にも繋がっています。

転職を経験した人は特にわかるようですが、就職しても給与の支払いはすぐには行われないので、最初の給料日までどうやって過ごそうと考える人も少なくはありません。勤めたばかりの会社に借金を申し込むわけにはいかず、給料日をひたすら待つという人もいるようです。

前払いシステムの従業員側のメリットとしては、自分の働いた分を給料日より早く受け取れるもので、システムによってはスマートフォンでも操作ができ、当日に入金されるものや上司の許可が必要の無いものもあるので、前払いといった事にいいイメージがない人がいる職場では人間関係や信用問題を気にせずにすみます。キャッシング等をしなくてもいいので返済利息等も払わなくてすむのも魅力です。
給与の前払いのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *